吹き出物のお悩み解決@吹き出物情報.com
吹き出物のお悩み解決@吹き出物情報.com

吹き出物の原因

吹き出物の要因

吹き出物吹き出物の要因となるもの

吹き出物にきびと名前は違うがが、どちらも発生するメカニズムは同じである。吹き出物ニキビができてしまうのには、様々な要因があるといわれている。

ただし、食生活、消化器系の状態、年齢、化粧品、精神状態など種々な要素が絡み合い原因となっているため原因の特定は難しいとされている。

吹き出物は表面だけ治しても根本から治さないといつまでも繰り返してしまう傾向にある。食生活やスキンケアなどについて見直し、肌に負担をかけないケアを続けていく事が重要である。

吹き出物吹き出物の原因 
1.お酒の飲みすぎ、不規則な食事、食事の内容の乱れ。
2.生活環境の変化、生活習慣の乱れ。
3.便秘、睡眠不足。
4.肌の保水力、保湿力の低下。
5.仕事、プライベートなどでのストレス。
6.刺激が強い化粧品の使う。
7.筋力低下、運動不足など。
8.血行が悪化する。
9.空気が乾燥しているなど季節的なもの。
10.薬物の副作用。
11.活性酸素のはたらき。
12.皮脂や汗によって汚れたままの状態で、不潔にしている。

などなど・・・様々な要因があるとされていいる。

吹き出物の原因

吹き出物とストレス

吹き出物の原因の一つにストレスがあるといわれている。

直接的な吹き出物が出来てしまう原因は、皮脂の過剰な分泌とそれが原因となる毛穴のつまりである事は医学的に研究で明確に分かっているそうである。

ストレスと吹き出物の関係は医学的には証明されていないし、吹き出物をつくってしまう直接的な原因ではないが、遠因にはなるようである。

心身のストレスが過度になり、自律神経が不安定になってくると、体内のホルモンバランスが崩れて皮脂腺の働きが活発になることがあり、吹き出物ができやすい状態になってしまうことがある。

また、ストレスに対抗しようとするために精神や体が緊張状態になり、ホルモンバランスが崩れて肌の健康を害してしまうことになってしまう。

現代の社会は、人間関係や仕事のほか、運動不足、睡眠障害などの多様なストレスがたまり、心にも体にもゆとりがなくなってしまいがちである。なるべくリラックスできる時間を持って、ストレスをためないように心がけることが、吹き出物の予防にもつながってくる。

吹き出物の原因

吹き出物と睡眠

吹き出物の原因の1つに睡眠不足もあるそうである。

睡眠不足によって、自律神経や体内のホルモンバランスが悪くなり、毛穴に皮脂や角質がたまってしまうことによって、吹き出物が発生しやすい条件が整ってしまうからである。

その他ホルモンバランスが崩れると、皮脂分泌量が増え、吹き出物の他、皮膚の老化、肌荒れなどの肌トラブルを招きやすくなるといわれている。

皮膚の再生や栄養補給には、睡眠時間は約8時間必要であると言われている。

就寝中、とくに夜10時〜午前2時の間、体の中で各種ホルモンの分泌が盛んになるので、日中よりも肌の新陳代謝が活発になる。

美しさや元気さが、睡眠が充実している人とそうでない人の肌では断然違ってくるといわれている。睡眠不足はお肌の大敵なのである。

吹き出物を作らない為にも、ストレスをためないよう十分な睡眠をとるように心がけることが大切である。

吹き出物の原因

吹き出物とホルモンバランス

私達人間の身体は、男性ホルモンと女性ホルモン2つのホルモンバランスが何らかの原因で崩れると、皮脂の分泌が多くなり、吹き出物にきびが発生しやすくなるといわれている。

そして、第二次成長期を迎える思春期は、ホルモンのバランスが大きく変化してくる。男性ホルモンの分泌が活発になって、皮脂を分泌する皮脂腺が増加するようになる。そして皮脂の分泌量が多くなると、毛穴がつまりやすい肌環境が整って、ニキビが発生しやすくなるといわれている。

思春期以外でも、ホルモンバランスが崩れると吹き出物が発生しやすくなる。ホルモンバランスが崩れる大きな要素にストレスがある。ホルモンのバランスが崩れると、吹き出物が発生しやすくなる。気分転換を図るなどしてストレスをためないようにする必要がある。

また女性の場合月経の前後は、性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化するので、皮脂の分泌量が増え、吹き出物が出来やすい体調にる。この時期はスキンケアなどに注意が必要に」なってくる。

吹き出物の原因

吹き出物の原因 アクネ桿菌

吹き出物の原因

吹き出物は、皮膚の毛穴に汚れ(古い角質など)が残ることで、毛穴がつぶされてしまい、皮脂が外に出ることができなくなり、毛穴の内部でアクネ桿菌が繁殖することが原因といわれている。脂質の出口の毛穴をふさぎ皮脂や角質の塊が作られたのち、細菌によって炎症を引き起こし悪化し、にきびや吹き出物となってしまう。

特に思春期は、男性ホルモンの分泌量の増加、皮脂分泌の過剰などで、毛穴が詰まりやすい状態になり吹き出物ができやすい環境になりやすいのである。

また、油分の含まれた化粧品などを使用していると、体表の皮脂腺の機能が衰え、皮脂の排泄不良を起こして吹き出物の原因になりうる。

皮膚の表面の汚れが毛穴に詰まったり、角質層の水分不足(保湿不足)が原因で毛穴、皮脂が毛穴に詰まることも吹き出物の原因になることがある。

新陳代謝に伴う肌の古い角質などの汚れ、化粧品の落とし残しや洗顔時の洗顔フォームや石鹸類の洗い残し、洗髪時のシャンプーやリンスなどの洗い残し、外からの雑菌、埃などが、毛穴に汚れが詰まる原因といわれている。

吹き出物の原因

吹き出物と メイク

吹き出物の原因は様々であるが、ファンデーションなどの化粧品も吹き出物の原因の一つと言われている。

吹き出物の主な原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることなのであるが、例えば、メイクをしたまま眠ってしまったり、長時間ファンデーションなどを塗ったままにしていたりすると、肌の毛穴を塞いでしまって目詰まりを起こし、吹き出物の原因になっていることがある。

ファンデーションなどを塗ったまま眠ってしまうなどは厳禁である。吹き出物を作らない為にも、毎日洗顔を行って、汚れをしっかり落とすこと。

また、クレンジングだけで化粧落としや洗顔を完了してしまう方がいるが、これは決して肌に良いことではないので、クレンジング剤を毛穴に残さないためにも、クレンジング後に続けて洗顔料で洗顔を行うようにすること。

また、乳液やクリームなどで、肌に油分を与えすぎるのも注意が必要である。

過度に、油分を多く含んだ化粧品を塗ってしまうと、肌の状態が皮脂の分泌過剰と同じになり、これも吹き出物の原因になると言われている。

吹き出物の原因

吹き出物 の 原因  ストレス

吹き出物の原因は、ホルモンバランスの乱れが原因の一つなのであるが、ホルモンバランスの乱れにはストレスが大きく関わっているそうである。

現代の社会では、仕事の悩みや人間関係の悩みで、ストレスを感じる事も多々あると思いいる。このストレスがきっかけになって、吹き出物を発症してしまう場合もあるのだそうである。

吹き出物はその他にも、睡眠不足・ストレス・スキンケアの間違い・化粧品の選び方や使い方の間違い・ホルモンの作用・生理不順・不規則な食生活・紫外線など、さまざまな要因がいくつも重なり合ってできてしまうといわれていいる。

また、油脂性の化粧品を使ってしまったり、間違ったスキンケアを行なってしまうと、吹き出物ができやすくなったり、吹き出物が悪化したりすることもある。

洗顔石鹸の洗い残しやシャンプーの洗い流し残しがあったり、化粧を落とさないで眠ってしまったりすると、これらが毛穴を詰まらせてしまい、吹き出物の原因になったり、背中ニキビ頭皮にきびなどができることがある。

吹き出物の原因

吹き出物の原因 加齢

思春期のニキビの原因が、様々な要因による皮脂の分泌過剰であるのに対して、吹き出物が出来る原因は多少異なるそうである。

吹き出物が出来てしまう年齢というのは、肌の状態は思春期の時期と違いある程度安定しているので、思春期のニキビのできる原因と吹き出物ができる原因は違ってくるそうである。

吹き出物は、加齢によるターンオーバーの遅れが原因の一つにあげられる。

吹き出物は、加齢によって肌の新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかず、体表の毛穴に残ってしまった古い角質が、皮脂と混ざり合って毛穴が詰まり、アクネ菌などの影響で炎症が起こるのが原因の一つとされている。

また、残った古い角質と、油脂性の化粧品の洗い流し残しなどが毛穴にたまり、混じり合って細菌の影響で炎症を起こし、吹き出物に発展する事例も多いそうである。

吹き出物の原因

吹き出物と活性酸素 2

吹き出物の原因の一つに活性酸素による皮脂の酸化があるといわれている。

活性酸素で皮脂の酸化が進むと、吹き出物の周辺の健康な細胞まで刺激して炎症を起こすようになり、新しい吹き出物の原因となるそうである。

この活性酸素に対抗する為、人間の体の中には活性酸素の働きをを抑える抗酸化物質(SOD)という成分があるのであるが、この抗酸化物質は次第に減少していく。

吹き出物を防ぐ為、またその吹き出物を悪化させない為にも、活性酸素に対抗する役割をしてくれる、抗酸化物質にかわる栄養素を摂ることが必要になってくる。

肌の酸化を防ぐ抗酸化物質はビタミンC・E・A、βカロチン、イソフラボン、フラボノイドなどといわれていいる。

そのほかに、正しい食生活、適度な運動、十分な睡眠、紫外線を防ぐ、タバコやアルコールの排除なども、活性酸素の発生を防ぐことになるそうである。

吹き出物の原因

吹き出物と活性酸素 1

吹き出物の炎症を引き起こしたり、ニキビ悪化させの原因の一つに、毛穴の中で発生した活性酸素が関わっているということが研究でわかっているそうである。

活性酸素とは酸素の一種で、体内に侵入した細菌やウイルスなどから体を守るために、白血球がつくりだす物質とのことである。

最初に、皮膚や毛穴の中のニキビ桿菌が、皮脂を栄養にして増殖する際リパーゼという酵素を出して、皮脂を脂肪酸に変化させ、吹き出物の炎症を引き起こしている。

そして、ニキビ桿菌の老廃物の中のポルフィリンという物質に紫外線が当たると、大量に活性酸素を発生させる。

また、ニキビ桿菌が増殖すると、その部分に白血球が集まって大量に活性酸素を出すようになる。

この活性酸素で皮脂の酸化が進むと、吹き出物の周辺の健康な細胞まで刺激して炎症を起こし、新たな吹き出物の原因となりうる。

また、炎症がひどくなると、吹き出物がさらに広がってしまうので吹き出物が残ってしまうことがある。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。