吹き出物のお悩み解決@吹き出物情報.com
吹き出物のお悩み解決@吹き出物情報.com

吹き出物の原因

吹き出物と活性酸素 1

吹き出物の炎症を引き起こしたり、ニキビ悪化させの原因の一つに、毛穴の中で発生した活性酸素が関わっているということが研究でわかっているそうである。

活性酸素とは酸素の一種で、体内に侵入した細菌やウイルスなどから体を守るために、白血球がつくりだす物質とのことである。

最初に、皮膚や毛穴の中のニキビ桿菌が、皮脂を栄養にして増殖する際リパーゼという酵素を出して、皮脂を脂肪酸に変化させ、吹き出物の炎症を引き起こしている。

そして、ニキビ桿菌の老廃物の中のポルフィリンという物質に紫外線が当たると、大量に活性酸素を発生させる。

また、ニキビ桿菌が増殖すると、その部分に白血球が集まって大量に活性酸素を出すようになる。

この活性酸素で皮脂の酸化が進むと、吹き出物の周辺の健康な細胞まで刺激して炎症を起こし、新たな吹き出物の原因となりうる。

また、炎症がひどくなると、吹き出物がさらに広がってしまうので吹き出物が残ってしまうことがある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33768051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。